【増えすぎて困る】赤しそと青しそは一緒に植えてはいけない!

目次

食中毒の治療で赤紫蘇が使われたことが名前の由来

昔、中国の医者が、食中毒の治療のために赤紫蘇をすりつぶして使ったそうです。

そこでから紫の蘇りの薬草として、「紫蘇」と名付けられたとか。

名前にそういった背景があるぐらい、紫蘇の効能は大きいです。

赤しそと青しそは植えてはいけない

赤しそと青しそを混ぜて植えると交雑します。

そうすると香りは損なわれるくせに、生命力だけが強くなったしそが大繁殖します。

交雑したしそを地植えすると増えすぎます

生命力が強くなったしそを地面に植えると、大繁殖して手が付けられなくなります。

しその育て方

しそは種から育てます。プランターやペットボトルでも育てることができるため、初心者向けです。

ただし、植える場合は種類の違うしそ同士を混ぜないようにしましょう。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる